社員日記
今日の岡村地質

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入札参加資格申請

どーも、社員です。

今月中に入札参加資格申請を出さなきゃいけないのですが、CBR試験やら簡易粒度やら現場の下見、お見積りなどがありがたいことに忙しく、ちょっとずつ手を付けていて本日無事に終わることができました。

この入札参加資格申請がいつか統一されてくれることを密かに願っています。きっと同じ思いの人はいるはず!!一緒に願いましょう。

終わったのがうれしくて書き出したので書くことが特にありません。水槽の写真もありません!!ではっ。
スポンサーサイト

先日の岡村地質

こんにちは。新年のあいさつをしなきゃしなきゃと思いつつ、気が付くともう2016年になって25日も経ってしまいました。本年も頑張ってやっていこうと思いますのでよろしくお願いします。

先日、久々にCBR試験の仕事がありました。CBR試験は道路の路床の良否を支持力特性から判定する試験です。試験方法が現場CBR試験・設計CBR試験・修正CBR試験の3つがあり、本件は設計CBR試験で舗装厚を決定するために、建設予定の道路下の路床土を採取して行います。

まず、40㎜以上の礫を取り除き3層に分けて、各層67回ずつ突き固めます。

突き固め (314x236)

次に、雨が長期に渡って継続した時など水を多く含んだ最悪の状態を想定して、突き固めたものを水中に96時間入れて膨張量を計測します。これを吸水膨張試験といいます。

吸水・膨張 (314x236)

吸水膨張試験が終わったら水から取り出し、貫入試験を行います。

貫入 (314x236)

試験はこれで終了です。この試験ででた値(設計CBR)で路床の良否を判断します。悪ければ固化材等を利用して安定処理を行うか、路床土を入れ替える必要があります。

弊社では、試料採取からすべて自社でCBR試験を行えますのでお気軽にご相談ください。

今年の1月はお陰さまで結構忙しく、よい新年を迎えられているような気がします。今年もご相談やお見積もり等、お待ちしています。遅くなりましたが、今年も岡村地質をよろしくお願いします。

PS.水槽の方は新しい照明を買いました。もう少し魚を増やそうか考え中です。

IMGP5989 (314x236)




先日の岡村地質

こんにちは。出来るだけ書こうとは思ってはいるのですが、なかなか更新できない社員です。

先日、石岡でボーリングをしてきました。


石岡フルーツライン(H271210)

ここは石岡のフルーツラインと表筑波スカイラインの合流地点なんですが、現状が

IMGP5785.jpg

IMGP5783.jpg

IMGP5782.jpg

こんな感じでした。去年の台風で崩れてしまったそうです。なので今はフルーツラインは通行止めです。

幸い、被害は道路だけで済んだのでよかったのですが人が歩いていたら大変でした。良かったです。

今年はホームページを作ったり、ブログを始めたりといろいろやった1年だった気がします。また、ホームページからお問い合わせも何件か頂けました。ありがとうございました。来年もたくさんのお問い合わせをお待ちしています。

PS.ブログのネタの為にアクアリウムを始めました。たまに写真をアップできたらなと思います。
DSCF0116.jpg


建設フェスタ

先日の日曜日に地質調査業協会のスタッフとして建設フェスタに行ってきました。自社からは4人参加させていただきました。

scan-14.jpg

今さらですがポスターを。本当は当日の写真を貼りたかったのですが、忙しくて撮る暇がありませんでした。

当日は生憎の雨だったのですが予想を上回るお客さんで大反響でした。

私たち地質調査業協会は毎年参加していて、クイズラリーと地質に関わるパネルの展示、砂山の宝探しを行っています。今年のパネルは「液状化」「土砂崩れ」「火山」でした。砂山の宝探しは4回行う予定だったのですが、雨の為に1回だけ宝探しを行い、そのあとは急遽、抽選会を行いました。毎回、100人のお子様を定員として行ったのですが、全部の回で満員御礼でした。ありがとうございました。お客様には少しでも地質に興味を持っていただけてれば幸いです。きっと来年もありますので、興味がある方は来てみてはいかがでしょうか。お待ちしています。

関係者の方々は雨の中お疲れ様でした。来年も頑張りましょう!!ありがとうございました。



茨城県土木部研修(地質調査研修)

10月8、9日に茨城県地質調査業協会を通して、茨城県の土木部の研修会に協力してきました。
この研修会は毎年行っていて、今年は茨城県土木部の新人の人や茨城大学の関係者など、多くの方々に来ていただきました。
行ったのは座学と現場研修で、岡村地質は座学の一部と現場研修のボーリング調査の部分をお手伝いさせていただきました。

透水試験用の穴を掘っている様子。
設置

ボーリング調査の説明中。
説明中

標準貫入試験。
貫入試験

孔内載荷試験(LLT)。本当は穴の中でやる試験なのですが、皆さんに見て、触ってもらうために地上で膨らませてみました。見た目では分りづらいですがちょっと膨らんでいます。
LLT.jpg

こんな感じで現場の方の研修会は無事に終わることができました。
この研修会を見た方々がボーリング調査の事を少しでも理解していただけたら幸いです。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。